ceramic japan interiorlifestyle 2019のイメージ画像

ceramic japan interiorlifestyle 2019のロゴ

Ukiiro

Ukiiroは、温度により色調が可逆的に変化する顔料を用いた、カラフェ、タンブラー、カップのシリーズです。15度以下の液体を注ぐと、磁器の表面に焼付け加工された色調が変化します。
この驚きがコミュニケーションのきっかけになったり、不透明な陶磁器の内側の水量の目安にもなったりと、新たな機能性をもたらします。

表面のパターンはグリーン系とブルー系の2種類の色調があります。グリーン系の模様は蔦をイメージした細い直線で構成されており、温度の変化が起きると、蔦が水を吸い上げて生き生きと育つように模様の色が濃くなります。全体の輪郭は底側から中心あたりのくぼみの部分までを覆っており、手で本体を持つ場所を示唆すると同時に、内側の水量が透けてわかる窓のようにも見えます。

ブルー系は炭酸の泡を連想させる模様が窓部分と同じ位置に施されており、色が変化することで内側に注がれた飲み物がより冷たく、そして発泡しているかのように美味しいものに感じられます。

カラフェは、どのような環境にもなじむ自然な佇まいを目指して、試作段階から、石膏型まで手で削りながら形を模索しました。特に側面のゆるやかなくぼみは、片手でも持ちやすく、かつさりげない形状になるように作られています。全ての商品の容量やサイズはベーシックで使いやすいものに設計されています。

The Ukiiro series features a carafe, tumbler and cup that utilises colour changing pigments reacting to temperature change. If liquid of 15 degrees Celsius or less is poured into the Ukiiro series, the pattern fired on the surface of the porcelain will change colour. This hidden surprise brings about new functions, such as entertaining guests and sparking conversation or being able to see the amount of water inside opaque ceramic.

There are two tones for patterns on the surface; they come in green and blue. The green pattern contains thin straight lines inspired by ivy plants. When cold water causes temperature change, the pattern becomes darker as if it ivy is sucking in water and growing lively.

This pattern covers the contoured parts on both sides in a window-like shape suggesting that is where it should be held. The blue series showcases a pattern reminiscent of carbonated bubbles in the same position and shape of an arched window. The change in colour makes the drink poured inside seem colder, more delicious and refreshing almost as if it were fizzy.

In order to create a natural appearance that complements any environment, many shapes were tested by hand cutting plaster molds in the prototyping stage. In particular, the indentations on the sides are designed so that products are intuitive and easy to hold with just one hand. All products in the Ukiiro series are designed with minimalist aesthetics and ease of use in mind.

福定 良佑

Biography

1979年大阪府生まれ。
金沢美術工芸大学卒業後、シャープ株式会社を経て2008年ミラノドムスアカデミー(インテリアデザインコース)を修了。同年より、ミラノを拠点とするデザイナーパトリシア・ウルキオラのスタジオで経験を積み、イタリア有名メーカーとの家具、照明、キッチンウェアなどのプロジェクトに携わる。2012年帰国後京都にFUKUSADA STUDIOを設立し、国内の企業をはじめ、イタリアやデンマークの企業とのプロジェクトの実績がある。家具・インテリア製品・家庭雑貨などの幅広いデザインを手掛け、それらのプロダクトは国際的なデザイン賞も多数受賞している。

WEB SITE

Nocturne

Nocturneは、蓄光顔料の性質をいかしたキャンドルホルダーです。外側に施された菱形のパターンは、本体全体を覆う手に馴染むテクスチャーでありながら、小さな魚の群れのようにも見えるバランスで配置されています。
周囲が暗くなると、光を蓄えられる菱形のみが発光し、大きな魚の形を浮かび上がらせます。それはまるで、水槽の中で熱帯魚が光っているように、暗闇の中にひと時の安らぎを与えてくれます。

全体の形状は安定性のある筒型形状で、中央に施された2段のくぼみにより、細長いキャンドルと低いキャンドルのどちらにも対応可能です。光は日中に太陽光の良くあたる窓際などに置いておくと、より多く光を蓄えることができ、周りが暗くなった際に長時間発光します。
本体のカラーはコーラル、グレージュ、ペールブルーの3色を用意しました。

Nocturne is a candle holder that takes advantage of the properties of phosphorescent pigments. The rhombus pattern on the outside is a familiar texture that covers the entire body, but it is arranged in a balance that looks like a small school of fish.
When the surroundings get dark, only the lozenges that can store the light emit light, and the shape of the big fish comes to light. It gives us a moment of peace in the dark, as if tropical fish are glowing in the aquarium.

The overall shape is a stable cylindrical shape, and the two-tiered hollow in the center can accommodate both elongated candles and low candles. The light can be stored more by putting it in the window, etc. where the sun shines during the day, and it can store more light and emit light for a long time when the surroundings get dark.
The body color is available in three colors: coral, grage, and pale blue.

福定 良佑

Biography

1979年大阪府生まれ。
金沢美術工芸大学卒業後、シャープ株式会社を経て2008年ミラノドムスアカデミー(インテリアデザインコース)を修了。同年より、ミラノを拠点とするデザイナーパトリシア・ウルキオラのスタジオで経験を積み、イタリア有名メーカーとの家具、照明、キッチンウェアなどのプロジェクトに携わる。2012年帰国後京都にFUKUSADA STUDIOを設立し、国内の企業をはじめ、イタリアやデンマークの企業とのプロジェクトの実績がある。家具・インテリア製品・家庭雑貨などの幅広いデザインを手掛け、それらのプロダクトは国際的なデザイン賞も多数受賞している。

WEB SITE

「北風と太陽」のお話をモチーフにしたうつわのセット。

おいしい時間の
はじまり、はじまり。
Kerran Kerran【ケランケラン】
それは、フィンランド語で「むかしむかし」をあらわすことば。
たのしい物語のはじまりを予感させる、合図でもあります。
そのドキドキ ワクワクな気持ちを、
毎日のごはんやおやつの時間にも感じてもらいたい。
そんな想いから、
古くから愛される童話をモチーフに、
うつわのセットをつくりました。
朝、昼、夜、テーブルの上でうつわたちの
めくるめくおいしい物語がはじまります。

A series of dishes with the motif of a fable "The North wind and The Sun". Well, it’s time for good meal.

"Kerran Kerran"
It means “once upon a time” in Finnish.
It is also a signal that makes us foresees the beginning of a wonderful story.
Every time for meals and snacks, we want you to feel excitement.
Then, we designed a series of dishes with the motif of fairy tale which is loved for a long time.
Breakfast, lunch, dinner, a wonderful and delicious story begins on a table.

徳田 祐子

Biography

武蔵野美術大学卒業、ヘルシンキ美術デザイン大学(現アールト大学)大学院修了、広告制作会社(株)サン・アドで商品開発、ブランディング、パッケージ、等のデザインをてがける。
オリジナルの一輪挿し「Still Green」は、ニューヨーク近代美術館(MOMA)ショップにて販売中。
2007年ADC賞 受賞、2009年にとらや東京ミッドタウン店のパッケージ、2013年にやまや「きらり」のパッケージで日本パッケージデザイン大賞 大賞、2016年虎屋「空港限定化粧箱」のデザインで同銀賞受賞。

WEB SITE

Act /

やきものが持つ可能性について、セラミック・ジャパンのスタッフが探求し、形として表現したオブジェのシリーズ。
主に壁面での使用を目的としています。穴の開いたものには花(生花又はドライ)を生けることができ、磁器の透光性を利用して明かりを入れたりすることも可能です。それぞれの形状に、様々な加工技法が施されています。

A series of objects that the staff of Ceramic Japan explored and expressed as shapes about the possibilities of the pottery.
Primarily intended for wall use. It is possible to give flowers (fresh flowers or dry) to the ones with holes, and it is also possible to put in light using the light transmission of porcelain. Various processing techniques are applied to each shape.

  • Act / 1 hollow
  • Act / 2 slit
  • Act / 3 hallucination
  • Act / 4 granito
  • Act / 5 draft
  • Act / 6 rain drop
  • Act / 7 fablic
  • Act / 8 scab
  • Act / 9 dent
  • Act / 10 odd
  • Act / 11 slope
  • Act / 12 scratch

KICHIBE

小松誠氏によるセラミック・ジャパンのクリンクルシリーズのタンブラーにカラーを施し、KITCHIBEオリジナルのアロマをキャンドルにしたシリーズ。オーガニックのキャンドルなので、キャンドルとして使用後は食器としても使うことができます。

A series of colored ceramic tumblers in ceramic Japan by Makoto Komatsu and a series of candles from KITCHIBE's original aroma. Because it is an organic candle, it can be used as a dish after being used as a candle.

小松 誠

Biography

1967 クラフト賞受賞 日本クラフトデザイン協会
1979 FAENZA 国際陶芸展出品(イタリア)
1980 国井喜太郎産業工芸賞受賞 日本工芸財団
1983 DESIGN MESSAGE FROM JAPAN展出品(アメリカ)
1986 第1回国際陶磁器展美濃'86 デザイン部門グランプリ受賞
第30回陶磁器デザインコンペティション グランプリ受賞
1991 91 OBJECTS BY 91 DESIGNERS展出品(アメリカ)
1993 A PERSPECTTVE ON DESIG展出品(カナダ)
1997 FAENZA 国際陶芸展50回記念展出品(イタリア)
2002 “和美”展出品 Clotworthy Arts Centre (アイルランド)
2003 オスロ国際陶芸シンポジウムOICS参加(ノルウェー)
2004 東アジア国際陶芸シンポジウム参加(中国)
2007 第4回世界陶磁ビエンナーレ展出品(韓国)
2008 個展 小松誠デザイン+ユーモア展 東京国立近代美術館
2010 ARCTICLAY 陶芸シンポジウム参加(フィンランド)
2011 JAPON展出品 カナダ文明湾物館{力ナダ)
2012 「日本近現代工芸の精華」展出品(イタリア)
2013 マグカップシンポジウム DUBI(チェコ)
2015 信楽 陶芸の森 ゲストアーチスト